2018年05月15日

大滝「春を見る会」5/12

大滝の桜・滝などの自然を現地山中さんが案内をしてくれました。森ネットから小倉樹木医が桜を、ジオの安藤さん(福田さん)、野草など木村も解説しました。地元・伊達・室蘭から23名が参加。天候に恵まれ気持ちの良い見る会になりました。

初公開の昭園の桜は緑の牧場、徳舜瞥山をバックにとてもよいロケーションでした。いずれも桜は予定の開花が遅れ蕾のところが多かったのは残念でした。そこで、昨年の昭園の桜の写真をご覧ください。

P1440752b

場所がわかったので、自分でも行くことが出来ます。(当日は蟠渓の桜が見ごろでした)

P5040057

斉藤さんの三本桜、風雪のチシマ桜、大滝ナイアガラの滝↑を見て、三階滝へ。昼食後、菊子桜を見て解散。

180514菊子桜14じ30 6分咲きか

ロケーションがすばらしい菊子桜は、5/14でもまだ6分咲き↑。 そこで昨年の満開の様子を。↓

菊子桜 2017

今回はいけなかったのですが、中学校裏手のミズバショウの大群生地、6月のベニバナイチヤクソウ大群生地も見所です。↓見どころマップを添付しました。

大滝みどころマップ

posted by 管理人 at 22:03| 行事結果

2018年05月03日

自然観察会「黒松内カタクリ大群生地ほか」4/30 木村益巳(記)

天候に恵まれ、多くの花たちと出逢うことができました。

まずは奥の院へ。今年は7-8分咲き。でもこんなに咲いていました。一周するとかなりの広さに一面のカタクリです。満開の昨年のもっともっと素晴らしかった事を思い出しました。

P4300018b

昼食は歌才自然の家の芝生で。外で食べるお弁当は特に美味しい。そしておすそ分け。手作りのヨモギ餅までいただきました。

P4300036b

歌才自然の家ふきんを散策。

P4300041b

自然の家付近の花マークの沢山あるコースを目指しましたが、マップがわかりにくく迷ってしまいました。でもそのおかげで、花を沢山見る事ができてラッキーでした。

白い木の花「キタコブシ」が満開。

P4300052b

コブシの花のメシベおしべに注目、とてもきれいでした。実はこの花白亜紀の時代からの姿をとどめているらしい。

P4300048b

こんな群落があった。カタクリとエゾエンゴサク。カタクリだけ。エンゴサクだけと・・・

あちこちで歓声が上がります。

P4300057b

これは木の芽ですが、なんでしょうか?触るとベタベタします。

P4300062b

少し開いた中には、ツボミがありました。トチノキでした。花が咲いているのを見るとそれはそれは大きくみごとですが、今はこんなかんじです。

P4300063b

解散後歌才ブナ林へ。

P4300078b

入り口からしばらくは道のすぐ横は湿地が続き、水芭蕉が大群生しています。所々にエゾノリュウキンカの黄金色が色を添えます。一つ残念だったのは、笹が増えてきて、ミズバショウ・エゾノリュウキンカを見難くしていることです。自然で食べていくことを標榜しているまちなのに?お宝の価値が下がると思ってしまいました。もったいないことです。笹を刈ることが自然破壊になるという事ではないようにも思います。

最後に、歌才自然の家では、外での昼食の場所を快く提供してくれました。また、ブナセンターへ情報を求めたところ、とても丁寧親切に教えていただいたことに感謝しています。

posted by 管理人 at 00:16| 行事結果

2018年04月27日

■月浦森林公園春を楽しむ会 平成30年4月27日(金)・・終了

月浦森林自然公園は、起伏に富み、水も流れ小川や池があり、多様な木が育つ森林があり、自然度が高い自然公園になっています。そのため、樹木・野草・野鳥・小動物・昆虫など変化に富んだ自然を見て感じることができる場所です。

さて、森ネットと洞爺湖町の共催行事、月浦森林公園春を楽しむ会が終わりました。今回は秘密兵器も持参です。今回見られるであろう花の名前を書いた説明看板をその花が見られるところにさしていきました。そして、森ネットの講師陣が春の花や木など、丁寧に説明しました。

月浦森林自然公園

月浦森林自然公園 森ネット講師陣月浦森林自然公園 森ネット解説

今回、実際に月浦森林自然公園で見られた、春の花たちです。

image エゾエンゴサク image

月浦森林自然公園 エゾエンゴサク

image エゾノリュウキンカ image

月浦森林自然公園 エゾノリュウキンカ

image カタクリ image

月浦森林自然公園 カタクリ

image コジマエンレイソウ image

月浦森林自然公園 コジマエンレイソウ

image ニリンソウ image

月浦森林自然公園 ニリンソウ

image ネコノメソウ image

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

image ミヤマエンレイソウ image

月浦森林自然公園 ミヤマエンレイソウ

image ミヤマスミレ image

月浦森林自然公園 ミヤマスミレ

image

posted by 管理人 at 15:29| 行事結果

2018年03月06日

冬の自然勉強会 1月・2月 (森ネット後援)

1. 1/28 「野の花など/長期断水体験記」 講話: 木村益巳さん

きむら冬の勉強会始めの挨拶0128_1

1705046奥の院

1/28の展示「北黄金貝塚、縄文の森作り」ボランティアの様子。裏にも展示。野草も増やしています。

1/28展示 伊藤さんと伊藤さんの里山のスズメバチの巣とスズメバチ。伊藤さんはハチに刺されながらも里山づくりに励んでいます。

きむら冬勉P1280222b (2)きむら冬勉P1280222b (1)

 

2. 2/25 「ジオパークで伝えようとしていること」 講話:安藤忍さん

約60名参加。

P2250310bP2250313bP2250112b

まず、冬の勉強会について

P2250114b

P2250117b

P2250119b

次に伊達も入っているジオパークの今と課題、ジオパーク認定イエローカードも語った。

P2250127bP2250124b

ジオの面白さ、ジオと生き物のつながりなど写真多数(かつあい)

P2250295b

昭和新山での安藤さんガイド。このときは本州の高校生の修学旅行

P2250304b

2/25展示

P2250161b

スライドは約80枚で力が入った内容、、ジオの多岐にわたるお話。「面白くてためになる」を地でいっているという評が多かった。

posted by 管理人 at 12:51| 行事結果

2017年11月17日

カタクリ山の笹刈り11/3

NWC(ネイチャーウオッチングクラブ)から引き継がれた森ネット支援行事です。2004年頃から始まり、毎年1回づつ笹を刈っています。笹もずいぶん減りました。カタクリがピンクの絨毯になりました。春には是非ご覧ください。

開始直後残念ながら雨に。入り口の倒木片付け道確保と新しい看板を立てて終了。ここでもシカの食害がありますから、カタクリ・シラネアオイが心配です。現地は早々に退散。北黄金貝塚センターでお茶会で盛り上がりました。いろいろ話し合いも出来てよかったです。

PB030443bPB030441b

posted by 管理人 at 23:58| 行事結果

今年度1回目の座学交流11/4

詳しくは、会員のページから、ご覧ください。

posted by 管理人 at 23:40| 行事結果
ホームページにもどる.JPG