2018年12月31日

冬の自然勉強会12/16「絵図や写真で見る有珠周辺の今昔と生物の変遷」

地元有珠のとても興味深い話題でした。(写真提供:木谷美智子さん)

posted by 管理人 at 22:37| 行事結果

冬の自然勉強会3回目1/27 4回目2/3     (森ネット後援行事)

おもしろくてためになる

3回目 自然はふしぎでおもしろい「花と虫」ほか     ****子どもも興味のある内容です****わかりやすい、たくさんのスライド******

講話: 木村益巳(縄文スクスク森作りの会代表)

とき:1月27日(日)10:00〜12:00

ところ:伊達カルチャーセンター2視聴覚室

そのた:大人のみ参加費200円。

imageimage

 

4回目 子ども外行事・大人/子どもリース工作

カルチャーセンター1F実習室

2月3日(日) 13時〜16時

●1.子供行事:外1-1.5hテント寝袋雪崩探索体験 ※暖かい服装でおいで下 さい。 お茶、室内1h冬山のお話・冬の生き物のお話

image

●2.大人子供行事:リース/工作

この会の外行事は申し込みが必要です。いきものいんく又は090-7057-3248きむらまで。また、今回は大人子供ともに参加費が200円です。

NPOいきものいんくほか実行委員

imageimageimage

posted by 管理人 at 22:10| 行事予定

座学交流 2/2 「ピレネー風景と花」 渡邊美枝子さん

自然豊かな日本の山々・ピレネー山脈を越えて、フランスからスペイン へ

           =皆さんがまだ見ていない景色や花の写真を楽しんでいただけたら・・・・=

とき: 2019年2月2日(土)10:00〜12:00

ところ: 末永集会所 予定

一般の方も歓迎。 ご不明な点は森ネット090-7057-3248きむらまで

1ピレネー(ルリカンザシソウ)

ピレネー ルリカンザシソウ

2ピレネー山脈国境

ピレネー山脈国境

3北アルプス笠ケ岳

北アルプス笠ヶ岳

posted by 管理人 at 13:25| 行事予定

2018年12月10日

座学交流 12/8「ネイチャースクールの講習から」吉野さん

今年のネイチャースクール(6回、福田茂夫さんが講師)の内容ほかについて、のお話でした。吉野さんは貝や海に興味をもちなん十年、この間、貝やカニほかいろいろなものを収集している。ご本人によれば「拾っている」とのこと。 北海道の海、時に日本海側にも足をのばす。当日展示説明の収集物は殆どが、ご本人がひろい集めたもの。

PC080077b

アオイガイ(日本海) ネイチャースクールでは、有珠の地形を知るために、福田さんの手漕ぎボートに乗せてもらい海からみた。有珠山の山体崩壊が複雑な地形をつくり、海の中にも岩礁となり残っている。そのおかげで貝類も他の地域より種類が多い。ボートではウニ・ヒトデ・アマモ・ツメタガイなども見た。

PC080045b

ツメタガイ(貝を食べる貝) の砂茶碗(卵のう)砂を粘液でかため、卵も砂の間に。 右端は貝外観

PC080048bPC080046b

有珠で拾った小型・中型の貝

PC080047bPC080049bPC080050b

有珠で見る事の出来るカニ 6種 右下はサメハダヘイケガニ(甲羅が平家の怨霊の顔?)4の小さな足で貝を背負う。 カニのご先祖さんはエビ。PC080064b

PC080051b

オカメブンブクはカシパン/ウニのなかま

PC080052b

ヒメエゾボラ(ツブ)の卵のう、中にたくさんの卵、この中で小さな貝の形になるまで育つ

PC080053b

ヤドカリ

PC080054b

ゴカイの仲間 これは海の蓑虫と言ってもよいのでは

PC080055b

アズマニシキ とてもきれいな色、ホタテの仲間 ホタテは2枚貝だが片方が平らで片方が丸みがつよい。では砂地にいるときどちらが下か?丸いほうが下だった。

PC080057b

真珠光沢

PC080058b

エゾキンチャクガイ

PC080060b

オオバンヒザラガイ 日本で最大のヒザラガイ 8枚の骨格で出来ている、なるほどこれが中にあるから丸くなれるんだ。 外観は下の写真生きているときはオレンジ色。

PC080069bPC080070bPC080061b

タイラギ 木古内 とても大きな貝

PC080072b

ワダチガイ オホーツク(深い海の中)

PC080074b

海でみつけた鳥のはね オオセグロカモメ

ビーチコーミングや有珠学についてのお話もありました。(写真きむら)

posted by 管理人 at 22:33| 行事結果

2018年12月04日

‘18年度「冬の自然勉強会」1回目 11/25 =森ネット後援=

15年目を迎えた、おもしろくてためになる「冬の自然勉強会」1回目(通算71)は、壮瞥天文同好会代表の田中文夫氏を迎えて、演題「月は永遠の友達〜太陽は体を、月は命をつくる〜について、お話が有りました。第一部講話。第二部は星のリースつくりでした。(写真提供木谷美智子さん)

講話

2018年度第一回冬の勉強会(田中さん)1125_1

宇宙の膨張

壮瞥天文同好会 金曜日20時から (連絡の上おいで下さい)

星のリースつくり

展示物

惑星その他の天体1125_1

次回12月16日10時 冬の自然勉強会2回目 伊達市民活動センター 福田茂夫さん詳しくは行事予定をご覧ください。

posted by 管理人 at 22:35| 行事結果
ホームページにもどる.JPG