2018年10月27日

カタクリ山の笹刈り (NPO森ネット支援行事)・・・平成30年11月3日(祝)

NWC(ネイチャーウオッチングクラブ)から引き継がれた森ネット支援行事です。2004年頃から始まり、毎年1回づつ笹を刈っています。笹もずいぶん減りました。春、カタクリが咲き、一面ピンクの絨毯になります。今年も通称カタクリ山のササ狩りを行います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


● 実施日: 平成30年11月3日(祝) 9:30〜11:30

●ところ: 通称 カタクリ山(伊達市黄金町)

●集 合: 伊達市北黄金貝塚駐車場 9:25分集合

●持ち物 飲み物・鎌持参 ・作業のし易い服装靴帽子軍手など 笹は細く丈が低いです。

参加費:無料

●申込み:不要です。直接集合場所へ来て下さい。

●問い合わせ: 木村益巳 携帯090-7057-3248 
森ネットウェッブメールでも受け付けています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

posted by 管理人 at 13:27| 行事予定

2018年10月22日

豊浦の伊藤さんの里山散策報告・平成30年10月20日(土) 森ネット主催行事

豊浦 伊藤さんの里山
伊藤さんの里山・・・かつては、見慣れた風景でした。木々が茂り、野草が咲き、キノコや栗の自然の恵み。それは、実は人間がそこに生活していたからそんな風景ができていたのです。

木を植え、下草を払い、枝払いをしする。分け入るための道をつける。並大抵ではない伊藤さんの作業のおかげで、今日1日楽しい時間を過ごさせていただきました。

木々の紅葉・・・・・・・・・・
豊浦 伊藤さんの里山 紅葉

クサギの実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ツルシキミの実・・・・・・・・・・・
豊浦 伊藤さんの里山 クサギの実豊浦 伊藤さんの里山 ツルシキミの実

美しい森を散策し、森からの恵みもいただきました。今回は、特にキノコが大収穫。
ハタケシメジ                    コガネタケ                      ノボリリュウ
豊浦 伊藤さんの里山 ハタケシメジ豊浦 伊藤さんの里山 コガネタケ豊浦 伊藤さんの里山 ノボリリュウ

里山の自然の恵とみんなで持ち寄った具材を鍋にして楽しみました。見る・聞く・感じる・学ぶ・体験する・・・そして、味わう・・・森ネットの行事の基本です。

豊浦 伊藤さんの里山 鍋豊浦 伊藤さんの里山
豊浦 伊藤さんの里山

今回は、カナダからのお客様・そして、小学生の参加でさらに楽しい交流と里山散策になりました。
豊浦 伊藤さんの里山 小学生豊浦 伊藤さんの里山 カナダからのお客様

栗を袋いっぱい拾って大満足!           不思議な耳の形のキノコで吃驚!


さて、伊藤さんからの里山へのお誘いです。個人でも団体でも家族でも、興味のある方は、連絡してみて下さい。

伊藤さんへの連絡先
伊藤政美 豊浦町字東雲町87 0142-83-2757


<里山づくり歓迎>
森に分け入り、森づくり作業をしよう
時節に応じ、多種多様なモノを見つけ、感動するように、遊びながら、学びましょう。知らないことを知ることは、おもしろい・・・・。
森と心と体について
1. 現代の健康の問題
・心の問題・・・うつ病など
・体の問題・・・生活習慣病
2. 森の、心を癒す力
・自然は心の疲れを癒しながら集中力を高める
・ストレスの緩和
3. 森の中で、体を癒す力
・体の運動と身体への刺激
・免疫力を高める
・身近なお気に入りの自然環境では、長く生きられる
4. 森には、子供を育む力がある
・こどもの発達と自然が相手
5. 医療と生活
・森は地域の癒しの力を高める
・医療・福祉の面から見た森の役割

posted by 管理人 at 18:29| 行事結果

2018年10月08日

伊藤さんの里山散策・・・平成30年10月20日(土) 森ネット主催行事

日本中から里山が消えていっています。そんな中、一人で、北海道豊浦町で、先祖伝来の土地を守り、里山作りをしている伊藤さんの里山での行事です。
里山作り 豊浦 伊藤

行事内容
伊藤さんが所有し育成管理している森を散策そこに生息する動植物を観察。森づくりの楽しさ、苦心、将来への展望などの話を聞きます。昼食時はキノコや山菜などの鍋を味わいながら参加者の交流を深めます。会員以外の参加も大歓迎です。


● 実施日: 平成30年10月20日(土) 10:00〜14:00 里山散策と昼食会(豊浦道の駅駐車場 9:30集合)
※雨天時:有珠アルトリ海岸ネイチャーハウス(福田宅)

●ところ: 豊浦町大岸 伊藤さんの里山

●集 合: 豊浦道の駅駐車場 9:30集合

●持ち物 食器・箸・おにぎり・飲み物・森を歩く服装(帽子・長袖服・軍手・小雨対策)

参加費:会員1000円、一般1200円、子供300円

●申込み・問い合わせ: 福田(0142−38−2593)・携帯(090−2692−1673)  
                                               木村益巳 携帯090-7057-3248 
                                       
森ネットウェッブメールでも受け付けています。

締め切り 10月16日(火)

伊藤さんの里山の紅葉伊藤さんの里山の紅葉
伊藤さんの里山 散策伊藤さんの里山 昼食 鍋

posted by 管理人 at 13:06| 行事予定

2018年10月01日

谷藤川渓谷観察会=ざんねん、胆振大地震の為中止→後日現地へ

9/6午前3時過ぎ、北海道胆振地方で震度7(厚真)の大地震が発生しました。余波が続いていた為予定されていた観察会は中止となりました。その後(9/14)現地を見てきました。安全を考え昨年の台風で大規模な崩落があったところまでとしました。(ここで川を見ると白い地肌になった流木が、盛大にあたりを埋めていました)

昨年の台風で崩れた崖P5160329b

崖付近の川の様子9/14

P9140429b

少し上の道路決壊 碑付近

P5160348b

高速道路下を越え、例年のミツバチの巣箱の場所をすぎると、ツリバナが丸く赤い実をぶら下げています。秋の野菊の一つ「シラヤマギク」と「エゾゴマナ」・「エゾノコンギク」が咲いています。春にたくさんのエゾキケマンがあったところでは、黄色い花の「ヤクシソウ」や「カワミドリ」が咲いていました。いつものように谷藤川橋前で車をとめましたが、近くに工事プレハブがあり、どうやらこの橋の修理がされるようです。橋の上流下流は重機が入れられて川底は均されて、両側にあった木も無くなり様変わりしていました。ここから渓谷です。お目当ての「ダイモンジソウ」は今が盛りとたくさん咲いていました。白い五枚の花びらが「大」という字に見え、近寄るとオシベが赤くきれいです。

P9140088P9140079b

同じような雰囲気の花が咲いています。「エゾクロクモソウ」です。二色の花があり色は淡緑色と淡赤褐色です。

P9140113bP9140106bP9140109b

エゾクロクモソウ 二色

ほかに、アキノキリンソウ ミズヒキ ミゾソバ アキノウナギツカミ キンミズヒキ ツユクサ ウツボグサ ヤマハハコが盛り ヒヨドリバナ オトコエシは実になっています

ヤマハハコ

P9140416b

カワミドリにやってきたイカリモンガ

P9140366b

コウゾリナ オオウバユリの実 コウライテンナンショウ キツリフネ イヌタデ トリカブト ゲンノショウコ アザミの仲間 ヤマハッカ。秋の実はオニグルミ コクワ マタタビ ハクウンボクが目に付きました。 天狗岩橋の手前で道路が決壊していて通れませんが早く復旧し、また渓谷を見に行かれるようになってほしいものです。(木村記)

ウツボグサ

P9140430b

ミゾソバ

P9090074b

posted by 管理人 at 21:17| 行事結果
ホームページにもどる.JPG