2019年09月10日

谷藤川渓谷の自然をみる会 令和元年9月21日

〜断崖絶壁の風景・大文字草などに会える〜

P9140088ダイモンジソウ

谷藤川は、渓谷美を見せると共に、低地でありながら高山の植物が見られるなど、 特異な自然を私たちにみせてくれます。伊達の自然財産のひとつです。
しかし一昨年の大雨で、一部にがけ崩れがみられます。しかし、徐々に自然が再生してきています。
そんな谷藤川の秋を見にいく観察会です。 森ネットの講師陣が、花の解説、楽しみ方をレクチャーします。 野草に関心のある方など初心者大歓迎です。

とき: 9月21日(土) 悪天9月23日(祝 )9:00〜11:30

集合場所: 谷藤川砂利道の入口塵ステーション前9:00
わからない方はカルチャー大手門外WC前8:40

その他: 飲み物持参 約3km歩きます。天候に合った服装。
現地はトイレがありません。
車の無い方は木村/篠原まで一報を。

参加費: 会員500円 一般700円 子供無料

申し込み先: 木村益巳(森ネット代表) 携帯090-7057-3248 
森ネットウェッブメールでも受け付けています。

P9090074bミゾソバP9140416bヤマハハコP9140430bウツボグサ

posted by 管理人 at 17:02| 行事予定

2019年08月08日

/// 有珠の歴史と自然発見ツアー 令和元年年9月7日(土)午前9〜12時

有珠山の大規模な山崩れによって「流れ山」と呼ばれる小さな丘が有珠地区全域とその沖合に散らばっています。入江や島々、岩礁と砂浜など複雑な地形ができ多様な生物が育まれました。人間にとっても住みやすい環境だったため、先住の人々は多くの遺跡や史蹟を残しました。

NPO法人森水人ネットは伊達市民の皆様に有珠の自然と歴史・文化の魅力を発見していただきたく現地探訪のツアーを企画しました。気軽に参加し楽しんでいただければと思います。

開催日時 令和元年年9月7日(土)午前9〜12時 雨天・荒天の場合翌日8日(日)に順延
希望者午後からアルトリ海岸とネイチャーハウス見学を行います。
(午後3時頃まで、その場合昼食持参のこと)

集合場所 善光寺自然公園駐車場(国道側)

参加費 会員500円 一般700円 (小学生以下無料:保護者同伴)

どなたでも参加できますが1km程度の歩行可能の方

申込み先 (締め切り 9月3日)

NPO森水人ネット代表・木村益巳
(電話0142−25−5858・携帯090−7057−3248)
ネイチャーハウス館長・福田茂夫
(電話0142−38−2593、携帯090−2692−1673)
定員30名になり次第締め切ります

森ネットウェッブメールでも受け付けています。


定員30名になり次第締め切ります

P2150308

posted by 管理人 at 11:03| 行事予定

2019年07月02日

有珠アルトリ海岸 海の生物観察会(磯遊び)令和元年8月3日(土)

NPO森水人ネット主催好評につき今年も実施親子参加歓迎

もちろん、大人だけでの参加も歓迎です。

アルトリ海岸海の生物観察会

何気なく見過ごしている磯の生き物たち、そこには私達に気づかない不思議なドラマがあります。海の生き物の世界をのぞいてみませんか。

日 時: 令和元年年8月3日(土) 9:00〜14:00 
                     
荒天時は翌日へ順延

集合場所:有珠アルトリ海岸ネイチャーハウス(伊達市南有珠町106)

参 加 費:大人1000円(会員800円)、子供300円 
                 
(昼食ランチ・簡易保険付き)

持ち物・服装等:サンダル、長靴等水に濡れても大丈夫な靴・軍手・手ぬぐい・おやつ・飲料(お子さんは、着替え等も必要かも?)

どなたでも参加できますが、小学3年生以下の場合は保護者同伴でお願いします。 


水にぬれても良い服装、軍手、タオルなど必要、好天時は日射病対策も。
 
磯の生物観察の他、砂浜での遊びやネイチャーハウス見学も行います。

申込み先 (締め切り 7月31日) 
NPO森水人ネット代表・木村益巳
 
(電話0142−25−5858・携帯090−7057−3248) 
ネイチャーハウス館長・福田茂夫 
(電話0142−38−2593、携帯090−2692−1673) 

森ネットウェッブメールでも受け付けています。

 

アルトリ海岸磯遊び

posted by 管理人 at 15:29| 行事予定

2019年06月17日

花のオロフレ山6/15

森ネット「花のオロフレ山」行事は、6/15実施しました。予想していたよりも悪天。(翌日はもっと悪い予想)下界は薄日や曇りでしたが、峠近くになると路面は濡れ、あたりは霧の中でした。駐車場は風と小雨。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それでもなんとか近くで高山植物などを見る事が出来ました。ミヤマオダマキ(青紫)が例年にないほどの群生。ハクサンチドリやチシマキンバイ(黄色)、チングルマ、イワカガミ、ミツバオウレン、ウコンウツギ、ベニバナイチヤクソウなどを見ました。帰りがけに、普通は高層湿原でしか見られないモウセンゴケの群落を見て一路「ほのぼの村」へ

P6150022ほのぼの村190615雨天

ここでお茶タイム。配布の「オロフレ山の自然」(A5.10ページ)を軽く解説(篠原)。

オロフレ山観察会冊子篠原

続いて本来なら現地で見るはずの高山植物の写真を見てもらいました。

ほのぼの村さんのご厚意もあり、ゆっくり楽しい時間を持つことが出来ました。感謝です。14名参加。この時期見る事の出来るものを少し掲載します。

P6120551ミヤマオダマキP6120473イワカガミ2P6120455キンバイP61001114ウコンウツギP6101449いわひげ2P6200252ハクサンチドリP6120555チングルマはP6120571ayh@.j

posted by 管理人 at 12:33| 行事結果

図書館展示2

6/13から内容をかえて。先月に引き続き、伊達市図書館で写真展示を行っています。P6130008図書展示2

春3-5月に咲く野草の写真を一挙公開(びおとーぷぷクラブの了解済み)概ねの場所と予定。

P6130006図書展示2の3

裏面は、カタクリの私生活(一生)

素敵なカタクリの見どころも。

P6130009図書展示1

posted by 管理人 at 12:09| 行事予定

2019年05月31日

大滝の春に出会う会5/18

昨年に続いて、大滝の春をめぐる会が開催されました。好天に恵まれ気持ちの良いひと時でした。蟠渓に集合し、昭園の桜へ。今年は本格的な看板(山中作)が設置され、誰でも見に行けるようになりました。桜は時期が早まり残念でしたが、丘の上から緑の牧草地・徳舜瞥山を望む風景は抜

P5180536bP5180576b

群でした。初めての丸山登山(標高差は50m)、天空の桜をチラリと見て、天空の道を下ると「風雪のチシマ桜」こちらは間に合いました。優徳で昼食。とても良い設備でした。午後一番は「本郷湿地」フクジュソウ・エゾエンゴサクは終わり、オオバナノエンレイソウなどが盛りでしたが、伐採倒木の下になっているのは残念でした。桜の主の橋本さんが待つ「菊子桜」へ。一部名残りの桜になっていました。説明と用意していただいた飲み物に感謝。この桜は大滝一番なので次回は是非とも満開の桜をみたいもの。最後に北湯沢温泉の足湯・白絹の床へ。30名の参加で楽しく無事終了しました。(木村記)

P5180580b

風雪のチシマ桜

「丸山からの展望」と「白絹の床」(これより安藤記) 丸山の山頂で「地球の海流の深層大循環は、1000年で地球を一周するようです」と言葉を発し、「熱しにくく冷めにくい水の性質上、温暖化で上昇した海水温を下げるのは容易なことではない。大滝も暖かくなり、もしかしたら“北の軽井沢”となるかもしれない」などと、私は未来を語りました。

P5180624b

 

山頂から見える広大でなだらかな台地を眺め、参加者は、高温で絶え間なく湧き出る温泉や、地球の歴史を背負った様々な動植物との出会いを脳裏に描き、一時とはいえ、未来に期待したのではないでしょうか。 ほかの地にはない色鮮やかな岩や断崖、川床、そして古代の地球の鼓動と長流川のせせらぎを合奏させ、足湯の温かさで心を癒したことでしょう。大滝の魅力を再発見した“旅”でした。

posted by 管理人 at 14:33| 行事結果
ホームページにもどる.JPG